原因を知る

マンション

トイレつまりは主に大量にトイレットペーパーを流した時に起こりやすく、対処法を一つ間違えばトイレつまりといえ大規模な水漏れ被害にもなり得るので注意が必要です。 基本的にトイレが詰まってしまった場合は慌てることなく、トイレの水位がある程度下がるまで待つことが大切です。また飛散防止のために前もって便器の周りに新聞紙を引いておくことと、漏電対策のためにウォシュレットのプラグを抜いておくことは二次災害を防ぐことにもなり必須ともいえます。一つ言えることは、間違っても流せると勘違いして洗浄レバーをひねることはかえって逆効果になるの注意が必要です。 前述のつまり解消前の作業を行った後、ラバーカップでの通管作業が効果的となります。

ラバーカップとは通称すっぽんとも言われ、主にトイレの様々なつまりに用いられます。その効果は絶大でこれ一本あれば大抵のトイレつまりは解消できます。いざという時のためにトイレの隅の方にでも一つ備え付けておけば、緊急時に大いに役立つことでしょう。購入する際もホームセンターなどで気軽に購入ができます。 トイレつまりはある程度であれば個人で行えるので、無理な出費を抑えることができます。少し工具を使用した人であれば、部品交換などを行って各種トラブルを回避することも可能でしょう。トイレの周りの構造は簡単であると同時に、配管の水漏れなどもモンキーレンチなどで増し締めを行えば大抵の漏れは収まります。どうしても対処が難しい場合に最終手段として、業者へ依頼するとよいでしょう。